ページトップへ

仕事を知る

あなたのOh!仕事

驚きや感動に出会う各セクションで、
「Oh!」な成長を実感する先輩たち。

営業スタッフ

売り込むのではなく、
叶えるのが仕事です。

杉本晃一(2000年4月入社)

主な業務内容

ショールームでの接客、お客様のニーズを理解したクルマのご提案、車検や買い換えを希望されるお客様訪問、アフターサポートなどを行っています。

説明会で感じた親しみやすさは、入社して働きやすさに変わった。

合同就職説明会や内定後の説明会の際に、アットホームな魅力を感じたことが入社の決め手です。合同説明会では、「HONDA」という名前のメジャー感に少し気後れしていましたが、気さくに接してくれたことで緊張がほぐれました。内定後の説明会では、会話の中で私のことを理解しようとしてくれているように感じました。入社初日には、先輩方から温かい言葉をかけてもらったことで、その後仕事の相談がしやすくなりました。

大切なのは、話すことより寄り添うこと。

私は入社当時、人前で話すことが大の苦手でした。初めての接客時は、話す言葉が浮かばず、会話が途切れてしまいました。その後経験を重ねる中で、お客様の話に耳を傾け、求めていることを察知し、それに応えることが大切なのだと気づきました。それからは、お客様が話しやすい関係を築くことを心がけています。今では、美味しいお店の情報や子育ての知識など、クルマ以外の話題で会話が弾むことも増えて、仕事が楽しくなりました。

ひとりの時間も、家族との時間も、 満喫できるように。

休暇に不満を感じたことはありません。定休の水曜日は平日なので妻と娘が外出していることが多く、ひとりの時間を楽しんでいます。部屋の掃除をしたり、ギターを弾いたりしてリフレッシュすることができています。有給休暇も取りやすく、主に家族と過ごす時間に利用しています。

サービススタッフ

クルマだけでなく、
お客様のココロまで
直すこと。

水上彰彦(2011年4月入社)

主な業務内容

点検、整備、メンテナンスなどを通じ、お客様が安心して乗車できるようにサポートしています。最新の技術とノウハウでお客様のカーライフを支えます。

将来の転部を希望しながら、営業スタッフとして入社。

もともと好きだったクルマ関連の仕事に就きたくて、合同就職説明会において当社のブースで話を聞いたのが入社のきっかけです。私は、大学は文系でありながらも、高校では自動車整備科を卒業。その際に自動車整備士3級を取得しており、できればサービススタッフになりたい想いがありました。当時、当社では営業スタッフしか募集していませんでいたが、「将来的に転部する可能性はある」というコメントをもらって入社しました。

念願のサービススタッフに。心懸けたのは、わかりやすい説明。

入社から4年後、営業からサービスへの異動を希望するスタッフと入れ替わりで転部。先輩の仕事を見ながら一連の作業の流れを習得し、いかに丁寧に手際よく行うか、さらにはお客様への説明の仕方を学びました。元営業の私が心懸けたのは、できるだけ専門用語を使わずに話すこと。「修理する対象はクルマと、お客の心」とは本田宗一郎の言葉ですが、伝わる言葉でお客様を安心させられた時は、私自身が心から嬉しく思います。

休日には、充分満足。 家族と過ごす大切な時間です。

休暇については満足しています。独身の頃は、趣味のバイクいじりや友人とのツーリングに時間を使ったり、有給を活用して、県外にいる大学時代の友人に会いに行ったりしていました。結婚して子どもができてからは、週末の休みは家族と一緒に過ごしています。今後は、よりお客様に安心してもらえるサービスを追求すると共に、自動車整備士2級や、メーカー独自の資格であるSE2級、3級の取得に向けて勉強していきたいです。

カーライフアシスタント
(CA)スタッフ

心地よいカーライフの
つなぎ役でありたい。

土田琴美(2014年4月入社)

主な業務内容

お客様のお出迎えや電話対応をはじめ、点検や車検のアテンド、ショールームの運営、顧客データの管理などを行なっています。

気持ちに寄り添うことが、自分磨きになると知った。

私は学生時代に、アパレルショップや居酒屋でのアルバイトを通して接客の楽しさを知り、社会に出ても人と話す仕事がしたいと考えていました。特に、ショールームを悠々と歩きながら、お客様に車を紹介するカーディーラーの姿に、憧れの気持ちを抱いていました。クルマは多くの人にとって高価な商品です。購入シーンにおいてお客様の決断を支えられるようになることは、自分を磨くことにもつながると思い、入社を決めました。

お客様に喜んでもらいたい一心で、学び取り、成長できた。

お客様をご案内していて、クルマやサービスに関するメリットを感じていただけた時はとても嬉しいです。私は新人の頃、職種の垣根を超えて、営業やサービスの先輩方に積極的に助言を求めていきました。また、お客様とのコミュニケーションの中で実践を重ねることで、学び取っていきました。その結果、「来て良かった」と思っていただくことが、何より大切だと知るに至っています。

水曜定休のおかげで、 充実した毎日を過ごせています。

週の真ん中が定休日なので、いいタイミングでリフレッシュができています。趣味のショッピングも、のびのびと楽しめています。有給休暇も気兼ねなく取ることができ、居心地のいい職場です。また、産休や育休からの復帰もしやすいので、女性にとって働きやすい環境だと感じます。恵まれた条件を活かして、今後も、仕事とプライベートのメリハリをつけて、一日一日を楽しく過ごしたいです。

求人応募